理学療法士ガイド

理学療法士になるには

理学療法士は、リハビリテーション専門職のひとつでPTとも呼ばれます。日常生活の自立を目標に、対象になる方ひとりひとりに合った方法で運動療法や物理療法を行います。では、理学療法士になるためにはどのようにしたら良いのでしょうか。ここではその方法をご紹介いたします。

理学療法士の職業につくためには、国家資格が必要になります。その国家試験の受験資格を得るためには、養成校で3年以上必要な知識や技術を学ぶことが必要です。養成校には大学(4年)、短大(3年)、専門学校(3年、4年)、特別支援学校(視覚障害者)があり、一般教養、専門基礎、専門、臨床実習などを学びます。

国家試験は年に1回2日間にわたって行われ、筆記試験と口述試験及び実技試験があります。この国家試験に合格すると晴れて理学療法士として働くことができます。また、より専門的な知識を得たい、研究職を目指したい場合には大学院に通うという選択肢もあります。

実際に働く場所は医療機関だけにとどまらず、福祉施設や訪問理学療法、スポーツの分野と多岐にわたります。現在は、病気やケガによる障害は誰にでも起こり得ることとして考えられ、理学療法士はさまざまな場面での活躍が期待されています。これから理学療法士を目指したいとお考えの方は、ぜひこちらを参考にお役立てください。