理学療法士ガイド

理学療法士の仕事

理学療法士という言葉はみなさん聞いたことがあると思いますが、実際にどのような仕事をしているのでしょう。イメージとしては、病院でリハビリをしてくれる人といったところでしょうか。ここでは、もう少し詳しく理学療法士の仕事内容についてご紹介します。

国家資格である理学療法士は一般的に、医療機関などで医師の指示のもとに加齢やケガなどで身体機能に障害を持つ人や、脳卒中での後遺症がある人、運動能力の発達に遅れがある新生児、その他の疾患で身体機能に障害がある人に対して、基本的動作の回復を目的として運動療法(機能訓練)や物理療法(マッサージ・電気・温熱など)を行います。

また、近年では福祉施設や在宅介護の現場でも需要が広がっています。理学療法士はリハビリテーション専門職のひとつで、他には作業療法士、言語聴覚士、視能訓練士があります。作業療法士と混同されがちですが、こちらは社会復帰に向けて創作活動やレクリェーションを行うもので仕事の内容は異なります。

このように理学療法士はさまざまな場面で活躍しており、人のためになる素晴らしい職業だということがわかりますね。これから理学療法士を目指したいと考えている方などは、ぜひこちらを参考にしていただければと思います。